アウトプットしやすい環境を作りたい

f:id:NickShadows:20191102103537j:plain

もっと、もっとたくさんの情報がほしい。
色んな人と切磋琢磨をしたい。


だが、アウトプットしている人はだいたい強い人ばかり。
初心者クラスの人もいなくはないが、比率を考えると初心者クラスの方が圧倒的に多くてもおかしくないのでは?


アウトプットは自分自身に大きな影響がある。
誰も見ていなくても、自分自身に役に立つ。


それを気軽にできる環境を作りたい。
CSLを、そんな環境にしていく。


アウトプットしやすい環境について

私が作ったCSLは、2週間程前からアウトプットを主体とした方向に転換した。

www.nicksecuritylog.com



定例会で学んだことを書きたいという意見をいただき、すごく良いと思ったので全体として方向転換をした。


したといっても、発表するのはここが初めて。


今までは交流や情報共有を目的としていた。
そのため、発する情報がなかったり、交流の必要がない場合は何もすることがなかった。


そこからアウトプット主体に変え、参加している方個人個人を主体とすることにした。


どう変わるか

学んだことをアウトプットして自分自身への定着を目的とする。


参加人数は100人くらいいるので、それらの前でアウトプットするとなったらそれなりにまとめる。


となると、アウトプットとしてまとめた内容が自分自身に定着する。ここで終了。


ただ、終了とならない場合もある。
参加メンバーがそれらのアウトプットに対しての感想や補足があったら話すことが出来る。  

認識ミスやトレンドによる補足。
アウトプットにアウトプットを重ねて相乗効果が期待できる。


これは絶対とは限らないので、誰か教えてくれたらラッキーだなー程度に考えていると気持ちが楽になる。

内容について

どんな内容でも良い。
質問でも良い。


あまりにも倫理的にぶっとんだり、テーマがぶっ飛んだり(明日のコーディネートや不動産情報をアウトプットされても困る)しない限りはOK。


基本的なことでも良い。
例とするのなら、htmlとは何か?でもいい。


実際、私自身がDOM XSSの勉強としてlocation.hashなどの使い方を書いていた。
そこで、URLパラメータがどうしても自動にエンコードされてしまうがわからんと書いた。


で、わかる方に教えてもらったら、専用の関数を使うという実に単純なものだった。
こういう単純なものを私自身がやっているので何の問題もない。


アウトプットするのが怖い場合

私自身も注意し続けていることだが、否定を無くす。


このグループに関して、人格や意見を否定する人は消し飛ばす。
それ以外はOK。


随時、アウトプットしにくい原因が判明次第、改善していく。


アウトプットの効力

アウトプットするとどんな効力があるのか?
これは至るところで発表されていたことであり、耳タコだと思う。


ポイントを抜粋すると以下のようになるかと思う。

  • 個人のナレッジになる
  • 知識が定着する
  • 誰かの役に立つ



他にもいろいろあるが、「知識が定着する」という点を得にオススメしたい。


私はバグバウンティのグループを作り、勉強会などをやってきたが、勉強会で取り扱ったテーマは特別自分自身に定着した。


基本的な脆弱について、診断方法について、ペイロードの意味について。
分かる範囲、使っている範囲で実施した。


すると、それらが定着した。



もとから定着していたのか?
いや、私は脆弱性診断業務をして半年足らずだ。
ましてや、勉強会をやったときは三ヶ月くらいしか経っていなかった。


つまり、「教える」というアウトプットによって定着した。
内容は診断業務をやっている人にとっては当たり前のことだ。
本にも書いてあるし、特別なことは言っていない。


参加してくださった方がどんだけ得るものがあったかは知らないが、少なくとも私にとっては得るものが合った。
そこで得たものを使い、また次のステージへ進もうとしている。


アウトプットは、自分の為にやっていいのだ。


詳しい文献に関して、ググったら割と出てきたので載せておく。





logmi.jp

logmi.jp

qiita.com

type.jp

終わりに

結局アウトプットしないと何も始まらないと思ったので、手の届く範囲だけでも環境を整えようと思いました。


最初でも書いたとおり、根本的な理由は私が知識を欲しいだけなので、皆さんガンガンアウトプットしてもらえると私が助かります。


どうぞよろしく!